労働経済ニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 震災影響下、景気は持ち直し、雇用情勢は足踏み状態

<<   作成日時 : 2011/08/23 13:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0


厚生労働省は8月16日、8月の月例労働経済報告を

発表しました。

一般経済の概況は、東日本大震災の影響で厳しい景気

状況が続くなか、サプライチェーンの立て直し、海外経済の

緩やかな回復や各種政策効果などを背景に、持ち直し傾向が

続くと期待されています。

ただし、景気が下振れするリスクの要因として、電力供給の

制約や原子力災害の影響、海外景気の下振れ懸念、為替

レート・株価の変動などがあります。また、引き続き、デフレの

影響や雇用情勢の悪化懸念にも注意が必要としています。

持ち直しの動きがみられていた雇用情勢は、東日本大震災の

影響により足踏みがみられ、依然として厳しいとしています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
震災影響下、景気は持ち直し、雇用情勢は足踏み状態 労働経済ニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる